フロート(PEEK:ポリエーテルエーテルケトン溶着)

超音波溶着の実績例

フロート (PEEK:ポリエーテルエーテルケトン溶着)

PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)の溶着でした。

※「PEEK」とはPoly Ether Ether Ketone(ポリエーテルエーテルケトン)の略称。

耐薬性に優れているため、酸性/アルカリ性などの溶液の液面高さを検知するためのセンサに使用される部品です。

1個が非常に高価な成型品であったため気を使いながら作業を行いました。

また、熱可塑性樹脂の中で最高ランクの耐熱性を持つスーパーエンプラであるため、超音波による振動エネルギーも多大に必要となり、外観面へのダメージも大きくなると想定していました。

しかしながら結果としては、想像していたより簡単にできてしまいました。

溶着形状はエンプラでよく使う形状とし、受治具でしっかりとバックアップしました。

スーパーエンプラと言えども、基本を忠実に守り、出来る事を丁寧に全て施してやれば、「おそるるにたらず」でした。

しかし、この溶着が成功した一番の要因は、『成型品が円筒状で非常に安定した形状』であるという事に尽きると思います!


お問い合わせはこちらから

過去の 記事

あわせて過去の「よくわかる超音波溶着」コラムをご参照ください。

フロート(PEEK:ポリエーテルエーテルケトン溶着)

2019年1月4日

球体(PS:スチロール溶着)

2018年11月30日

雨どい

雨樋(雨どい)(PVC溶着)

2018年10月25日

電動歯ブラシのブラシ部分(PP溶着)

2018年10月1日

Check valve

チェックバルブ(PA)

2018年9月5日

miyake

miyake

20年間プラスチックの溶着の世界に身を置いています。本来外部には秘密にしておきたい内容もここには掲載しています。超音波溶着に関する知識やTipsをできるだけ余すところなく発信しています。ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

関連記事

特集記事

miyake

miyake

20年間プラスチックの溶着の世界に身を置いています。本来外部には秘密にしておきたい内容もここには掲載しています。超音波溶着に関する知識やTipsをできるだけ余すところなく発信しています。ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

最近の記事

  1. コーン標示カバーの新商品『飛び出し注意』(PP)

  2. 超音波溶着とは「原理・メリット」

  3. 超音波溶着時の「防音 = 遮音 + 吸音」

ランキング

  1. 1

    超音波溶着とは「原理・メリット」

  2. 2

    プラスチックの全溶着工法の特徴

  3. 3

    超音波溶着時の「防音 = 遮音 + 吸音」

TOP