センサー PVDF(フッ素樹脂のひとつ)

超音波溶着の実績例

PVDF(フッ素樹脂のひとつ)の溶着でした。

溶着形状は、エンプラ用の形状としました。
フッ素樹脂の中では熱成形特性が良好で、溶着が可能です。
耐熱温度が高い為に溶けにくく、溶着時の音も大きくなり、パワーもある程度は必要となります。
パワーが必要という事は、工具ホーン側の成型品表面にダメージが出てくる可能性が大きいという事です。
幸いにほとんどの商品が、ユーザーの目に触れる外観商品ではなく、求められる機能が発揮できていれば多少のダメージには目をつむると言う様な機能性部品です。
また、溶着が難しいだけではなく、成形も容易ではありません。
フッ素系樹脂仕様の成型機も必要ですし、発生したガスの対策も必要となります。

スーパーエンプラ及びフッ素系樹脂に特化した成形会社さんとも仲良くさせて貰っているので、成形込みのご用命も承っております!

miyake

miyake

20年間プラスチックの溶着の世界に身を置いています。本来外部には秘密にしておきたい内容もここには掲載しています。超音波溶着に関する知識やTipsをできるだけ余すところなく発信しています。ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

関連記事

特集記事

miyake

miyake

20年間プラスチックの溶着の世界に身を置いています。本来外部には秘密にしておきたい内容もここには掲載しています。超音波溶着に関する知識やTipsをできるだけ余すところなく発信しています。ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

最近の記事

  1. コーン標示カバーの新商品『飛び出し注意』(PP)

  2. 超音波溶着とは「原理・メリット」

  3. 超音波溶着時の「防音 = 遮音 + 吸音」

ランキング

  1. 1

    超音波溶着とは「原理・メリット」

  2. 2

    プラスチックの全溶着工法の特徴

  3. 3

    超音波溶着時の「防音 = 遮音 + 吸音」

TOP