PCTFE(耐薬品性溶液噴射ノズル )

超音波溶着の実績例

PCTFE(フッ素樹脂)の溶着でした。

PVDFよりも溶着性は良さそうで、条件的にもその傾向が見られました。溶着形状は一般的なショアジョイントとしましたが、バリのはみ出しがNGという事だったので溶着量(沈込量)は最低限としました。

結果としては・・・、微妙でした。

一応『接合』はしましたが、『溶着』としては感覚として弱かったです。当然、指では破壊できませんでしたが、つまみドライバーで簡単に破壊できてしまいました。破壊後の溶着界面は若干『ささくれ』ていたので、この結果から見ても溶着されていたと考えます。

もう少し溶着量を増やしてやれば良かったかもしれませんが、開発が途中で終わってしまったので検証は出来ませんでした。

とりえず溶着の可能性はあるという事にしておいて、次案件で確証に変えたいと思います。

miyake

miyake

20年間プラスチックの溶着の世界に身を置いています。本来外部には秘密にしておきたい内容もここには掲載しています。超音波溶着に関する知識やTipsをできるだけ余すところなく発信しています。ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

関連記事

特集記事

miyake

miyake

20年間プラスチックの溶着の世界に身を置いています。本来外部には秘密にしておきたい内容もここには掲載しています。超音波溶着に関する知識やTipsをできるだけ余すところなく発信しています。ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

最近の記事

  1. コーン標示カバーの新商品『飛び出し注意』(PP)

  2. 超音波溶着とは「原理・メリット」

  3. 超音波溶着時の「防音 = 遮音 + 吸音」

ランキング

  1. 1

    超音波溶着とは「原理・メリット」

  2. 2

    プラスチックの全溶着工法の特徴

  3. 3

    超音波溶着時の「防音 = 遮音 + 吸音」

TOP