電動歯ブラシのブラシ部分(PP溶着)

超音波溶着の実績例

PPの溶着でした。

商品が細かったため、溶けシロの設計が難しくなってしまいました。
溶着部の反りやヒケを考えるとショアジョイント(溶着形状の一種)で溶着するのはリスクが高かったのですが、腹を括ってやってみました。

溶着部を安定させるために受治具で囲い込んだり、収縮のバラつきに対応するために受治具を分割したりしました。

そうすると、しっかり囲い込んだら溶着後は固くなって取れにくくなったり、受治具を分割したところで商品に傷が入ったり、受治具は複雑になればなるほど問題が出てきます。

やはり受治具はシンプルが一番です!

実際の溶着としては、剥離強度が強いものと弱いものの差が出ました。

成形時の取り数の関係で4×8=32個の組み合わせができてしまい、その中でのバラつきだと思われます。

弱いものでも基準はクリアしているので問題はありませんが、個人的には強いものに合わせたかったです。

兎にも角にも、「材料がPP」で「形状が湾曲」していて「外観部品」のアイテムが、無事に立ち上がってホッとしました。

miyake

miyake

20年間プラスチックの溶着の世界に身を置いています。本来外部には秘密にしておきたい内容もここには掲載しています。超音波溶着に関する知識やTipsをできるだけ余すところなく発信しています。ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

関連記事

特集記事

miyake

miyake

20年間プラスチックの溶着の世界に身を置いています。本来外部には秘密にしておきたい内容もここには掲載しています。超音波溶着に関する知識やTipsをできるだけ余すところなく発信しています。ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

最近の記事

  1. コーン標示カバーの新商品『飛び出し注意』(PP)

  2. 超音波溶着とは「原理・メリット」

  3. 超音波溶着時の「防音 = 遮音 + 吸音」

ランキング

  1. 1

    超音波溶着とは「原理・メリット」

  2. 2

    プラスチックの全溶着工法の特徴

  3. 3

    超音波溶着時の「防音 = 遮音 + 吸音」

TOP